うちわはどんな文字を使うと効果的?

うちわピックアップナビ

うちわを作る時は、そこに使う文字体についても考えなければなりません。何を一番伝えたいのかをはっきりさせ、強調することが大切です。

うちわピックアップナビのメイン画像

うちわはどんな文字を使うと効果的?

オリジナルうちわは、配色も大切なのですが広告として伝わりやすくするためには文字の使い方も大切です。

宣伝する内容に合った文字(フォント)を選ぶようにしましょう。

文字だけでも雰囲気がガラリと変わるものです。

【代表的な文字体とは】

文字体(フォント)はとても多くの種類がありますが、代表的なものとしては明朝体、ゴシック体、楷書体、POP体が挙げられます。

明朝体は新聞や雑誌の文字で使われていることが多く、柔らかい印象、ゴシック体は力強い印象で大きな会場などで目立たせる必要がある場合に最適です。

楷書体は和風の印象で、案内状などに向いています。

POP体はカジュアルなものに向いています。

【うちわの色に合わせたフォントを】

うちわの色に合わせて文字体は使い分けると良いです。

うちわの色が落ち着いた色(茶色など)で高級感を表したものであれば明朝体で、うちわの色が明るく(黄色など)て庶民的、お得感を表すのであればPOP体を使うと良く合います。

太い文字は安さ感が、細い文字は高級感が漂うのでうまく使い分けると良いでしょう。

【伝えたいことを強調】

うちわ広告では、一番伝えたいことを目立たせることが大切です。

新規オープンを知らせたいのか、それとも店内商品を全て半額にするということを伝えたいのか、強調したいことを太い文字にして目立たせるようにしましょう。

うちわをパッと見て伝えたいことがすぐにわかるようなデザインにすると効果的です。

Google
www を検索 うちわピックアップナビを検索
(C) wallstreetoffshore.com. All Rights Reserved.